町の民族文化財 石風呂

「こばやし のじりの湯」の入口右側の敷地に、不思議なものを見つけました。

ポツンと置かれた、円筒にくり抜かれた石の造形物・・・・これは何?

これは、小林市野尻町の民俗文化財の「石風呂」と言われるものでした。

昔でいうところの竈(かまど)のような仕組みで、正面に見える丸い形の穴が炊き込み口のようです。

長年、風雨にさらされていたようで煤(すす)の跡は、一部しか見られませんでした。

この釜のお風呂に入った古の人が40年も使用したようですが、体の芯から温まったことでしょう。

今は、ここに「こばやし のじりの湯」があるのも、なんだか感慨深い気持ちになります。

Share!!
きィ(浴場)

この記事を書いた人きィ(浴場)

地元出身のアルバイトです。地元の方々や旅人に出会ってエネルギーを分け与えてもらっています。

アクセス情報

Access Information

「のじりこぴあ」や「萩の茶屋」が有名な花街道、国道268号沿。75台収容の大駐車場を完備。宮崎交通のバス停もございます。

宮崎道高原ICより県道29、R268経由で約20分 ・宮崎空港よりお車にて約70分

宮崎県小林市野尻町三ケ野山4347-1